Atlasマンツーマン英会話

2018年よりアメリカのグローバルエリートが話すとされる「人造言語コース」を開設予定|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > 人造言語コース

2018年より「人造言語コース」を開設予定

Atlasでは、英語ではなく、アメリカの選ばれた数百名のトップエリートが使う
人造言語コースを開設する予定

リンガフランカという言語学の専門用語とは、古代から中世に移行する頃、ヨーロッパでの共通語はフランク人たちが話す言葉だったことが分かっています。これがリンガフランカなのですが、その後、国際社会全体で誰しもが話す言語のことをそう呼ぶようになりました。現在、これが英語であることは誰も知っていることです。

 

しかし、今後もリンガフランカは英語であり続けるのかと言えば、実はそうではない可能性が出始めています。現在、世界中どこの書店に行っても英語の教科書が溢れていて、日本の大学では第2外国語という科目が続々と廃止されて、英語だけしか学ばない学生が急増しています。その意味で英語の地位は永遠であるかのように見えなくもありません。

 

私はこのことを憶測で言っているわけでも何でもなく、あるルートから入る情報に基づきここでトピックにしています。情報源は、アメリカを代表する大学研究機関であるマサチューセッツ工科大学(M.I.T.)の研究員の友人からでした。彼は私にアメリカのアカデミズムのトップエリートたちが、一体どんな思考をしているのかを電話で教えてくれるのです。

 

話を聞くと、アメリカで17年ほど前から、生まれた赤ん坊の中でも知能指数が明らかに高くなると判断できる子どもたち数百名が選りすぐられ、親からも完全に隔離した形でしかも英語ではない人造言語で育てられているというものでした。もちろん、その子どもたちを選んだのはアメリカ連邦政府によるものです。

 

そんな人間たちが存在するのかと思われるかもしれませんが、私たち日本人からは、決して見えない形でそれは存在しており、トップエリートたちの間で構成しながら、判断を行っていることは私の個人的な生い立ちでも理解することができるかもしれません。

 

私は、今から約45年前に北海道の札幌市で日本人の両親のもとに生まれました。そして、7歳の時にある施設で知能指数判断テスト(IQ Test)を受けていたところ、かなりのハイスコアであることが判明し、私の両親にアメリカでのアカデミズム経験についての提案があったと聞いていました。

 

そこで、若干7歳で渡米し、中学生になるまでの間、アメリカのカリフォルニア州でボーディングスクールに通い、すべて英語での授業を受けるという経験をしました。その後、高校までは日本にいましたが18歳になった時にアメリカへ戻り、カリフォルニア大学に通うようになったのです。

 

さて、ここでショックなのが、この選ばれた子どもたちは英語ではなく、それとは全くかけ離れた人造言語で育てられているということです。英語ではないだけであればまだしも、そもそも文法や単語が完全に英語とは違う言語というの真相です。

 

アメリカを代表する各大学研究機関では学長主催の定例ランチ会合が開かれ、この会合には大学を代表する研究者(教授)と、それを支えている有名企業家数名だけが招かれているようです。ところが、学長の次の席次は日本の皇室とも直結する人脈に属する指定席になっているようで、その方から必要なところに必要なタイミングでこの情報はもたらされているようなのです。

 

この定例ランチ会合では何が話されたのでしょうか。21世紀初頭に生まれた赤ん坊たちの中で、知能指数がハイスコアの数百名が特定され、隔離された環境で育成されています。どのような意味で隔離されているのかといえば、英語環境ではないという意味で隔離されているというわけです。

 

アメリカという唯一の超大国であり、グローバル社会のリーダーシップをとるべき国家の中核に位置すべき天才中の天才が、英語ではない他の言語を母国語としているということは、スキャンダル以外の何ものでもありません。国家の最高レベルだからこそできる社会実験ですが、その影響はアメリカ国内だけに限定されるものではないはずです。

 

なぜなら、こうすることで世界中の要人や企業経営リーダーたちはアメリカの知性と話すために、今度はこの全く新しい人造言語を学ばざるを得なくなるからです。残念なことにAtlasには厳しい話になりますが、英語そのものに対する需要も減ってくる可能性があります。

 

やがて英語を学んでいるようでは使用人にしかなれないと、誰の目にもはっきりするようになるかもしれません。まさにこれは言語を用いたテロと言えます。アメリカ人ですら英語を話さなくなる現実が到来する瞬間が刻一刻と近づいています。

 

確かに、社会という側面では世界全体のインフラとして活用されている「アメリカ英語」の転換を図ることになりそうです。2018年を目途に全米で最も知能指数が高い子ども数百名を集め、これまで英語ではない人造言語で教育してきたアメリカは、ついに20歳前後になった彼らの存在を明らかにする準備があるようです。

 

これによりアメリカの未来のリーダーシップであり、頭脳である人物との会話は人造言語によるものであることが宣言されると、世界のリンガフランカが転換されたものとして大きな変動が引き起こされることになるでしょう。

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.