Atlasマンツーマン英会話

ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ|Atlasマンツーマン英会話

札幌駅、大通エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム >ピーター・ヨネナガ社長の今日のメッセージ

 Atlasマンツーマン英会話ピーター・ヨネナガからのメッセージ

2020年11月のメッセージ

ケチなはずの日本政府が、ワクチン接種を無料で提供するという話には、これから多くの段階的局面が用意されており、新型コロナウイルスの感染拡大は「最初の始まりに過ぎない」ということです。

「仮想現実の世界」に閉じ込められている私たち日本国民は、これから始まる数々のドラマ・シーンを見せられることになりそうです。この闇から脱出するためには、誰にでも与えられていた自由を思い出すことです。

一刻も早く欲望や人間同士の争いから離れ、自分自身を再教育し、同じような志を持った人々と横のつながりを持ち、完全に失われつつある共同体の意識を取り戻すことができるどうかにかかっています。

『本日のメッセージ』を読み、考え、行動しなければ、自然淘汰の時代に呑み込まれていくことは確実になったことをお伝えしなければならなくなりました。是非、日々の参考にしていただければ幸いです。

アトラス株式会社CEO ピーター・ヨネナガ

「今日のメッセージ」を初めて読む方は、こちらもお読みください。
   はじめてコラムを読むあなたへ ピーター・ヨネナガからのメッセージ >>>

2020/11/26 21:00

今、起きている本当のこと

「全ての家」売却宣言のイーロン・マスク、続々と不動産を売却
2020年11月13日 Forbesのリンク画像です。

(出典:2020年11月13日 Forbes)

テスラ社とスペースX社を運営するイーロン・マスクは、不動産は売却していつでも火星に逃避できるように準備しているというわけです。

ハリウッドのSF映画で観られるような宇宙ステーションで生活するということですが、感染症から世界恐慌、大地震と地球上が限界を迎えつつある中、地球での生活を捨てようとする火星人の対応はいつも早いと感じさせます。

つまり、貧乏人は惨めですが、大金持ちもある意味苦労していることがわかります。今回、これから起きることを最も恐れているのが小金持ちです。金融資本主義とグローバリズムが限界に来ており、勝者と敗者が入れ替わるタイミングが来ています。だから、今の成功者たちは命懸けで動いているわけです。

2020/11/26 17:00

語学学習のためのメッセージ

現在、英語や中国語は話せて当たり前になっていますが、それ以上にビジネスのやり方や相互の呼吸の仕方というのも重要視されています。例えば、リスクの取り方を含め、決断力の速さなどがあります。

しかし、結局は「この人は信用できる」と思う人と仕事をしたいわけです。ただ、そのためには自分の思いをぶつける英語力とコミュニケーション力は一つのツールとしては必須になります。

ネットワークを広げる人の限界というのは、この時代には際限ないように思えますが、やはり相手に提供できるものが自分にないと頭打ちになるわけです。一般職でも専門分野を2つ以上は確保した人材には少なくともなっておきたいものです。

2020/11/26 13:00

今、起きている本当のこと

The World in 2021
Economistのリンク画像です。

(出典:Economist)

コラムのアクセス数をGoogleで分析すると、宗教的な精神論の話題になると減り、逆に株価や金価格、仮想通貨、そして日本民族の精神論の話になると増えることがわかっています。

つまり、民族主義的な感情と金融的偏重がミックスしたものが、このコラムを読む読者の知的感情ということになります。あくまでGoogleで科学的に測定した分析に過ぎませんが、科学万能思想だけを持ち続けるとやがて暴走してしまう恐れがあります。

私自身、現代の利権構造や金融経済から一刻も早く逃避しなくてはならないと考えています。だからこそ、宗教的な精神論について書こうとしているわけです。結局、私たちの進む道はその方向にしかないのではないでしょうか?

そうしなければ、数万年単位で北極/南極(地軸)の位置が変化する不安定な地球上では、世界的な感染症や大地震のような天変地異、そして経済恐慌を繰り返す中で最終的に滅亡していくことは免れないということです。

2020/11/25 21:00

今、起きている本当のこと

FOXニュースへの復讐?トランプ大統領、ホワイトハウスを去った後はデジタルメディアを立ち上げか
2020年11月14日 BUSINESS INSIDERのリンク画像です。

(出典:2020年11月14日 BUSINESS INSIDER)

4年前の大統領選挙から今年10月末まで、トランプ大統領を長らく支持してきたはずのテレビ局「FOX」にもバイデン派がいることが判明し、社内が分裂し始めています。

さらに、トランプの盟友であるはずの「メディア王」ルパート・マードックがオーナーのFOXは、後継者に指名していた取締役がバイデン陣営についていることが明らかとなりました。唯一の支持メディアであるFOXでさえ、「バイデン当選確実」という報道をしていました。

早速、トランプ陣営はFOXの内情を詳しく調査し、選挙の分析官やアナウンサーなど潜り込んでいたスパイたちを解雇したようです。その他、そのスパイたちの背後関係も調査した結果、様々な仕掛けがあることがわかってきました。

日本のテレビ局や新聞各社には、良心の呵責を持っている人が必ずいるはずです。あなたたちは、トランプとバイデン陣営両方の立場を配慮し、公平中立に報道する必要があります。だから、組織内部から声を上げるしかないということです。

2020/11/25 17:00

語学学習のためのメッセージ

英会話という表層的な部分ではなく、ビジネスをやっていく上で必要な洞察力や視野、人的ネットワークの作り方などの基礎の部分が年々重要になってきています。

本当のグローバルビジネスの中身を考えてみると、大切なのはやはりローカライズです。世界中のどこにでもあるマクドナルドは世界中から原材料を調達し、それぞれの国に合った味付けや材料でハンバーガーを作って受け入れられています。

このローカライズのためには、現地のローカルな人的ネットワークに入り込み、交渉していくことが必要です。どんな世界でも普遍的に活躍するための力は、その場所にあるものをしっかり把握し、使うことのできる力ということです。

2020/11/25 13:00

今、起きている本当のこと

FACT-CHECK: Did our government execute a “Raid” in Germany and find proof of election tampering and fraud?
2020年11月14日 PT Newsのリンク画像です。

(出典:2020年11月14日 PT News)

トランプ大統領は、「一体いつからメディアが次のアメリカ大統領を決定する権限をもつようになったのか。大統領を決めるのは法的に有効な票だけだ。」と語っています。

つまり、CNNなどの民放テレビ局の報道でアメリカ大統領が決まるのではないということです。勝敗というのは、憲法で定められた正式な機関が発表し、不正票を除いて正しく数えられた投票数によって決定されるということです。

バイデン陣営が仕掛けた不正票は、すでに少なくとも240万票以上が発見されています。不正選挙を行うために印刷された大量の中国製投票用紙や、「ドミニオン社」と「サイトル社(パラゴン社が買収)」、そして「スマートマティック社」という犯罪会社について明らかになりつつあります。

この3社は、違法収集ソフトを使ってトランプ票をバイデン票に移し替えましたが、各州の選挙管理委員会は不正票を完全に取り除き、正確に集計し直したアメリカ国民の正しい投票数によって決定させられることになりそうです。

2020/11/24 21:00

今、起きている本当のこと

上海の空港 突然のPCR検査に大混乱
2020年11月23日 日テレNEWS24のリンク画像です。

(出典:2020年12月23日 日テレNEWS24)

1980年代の金融バブルから始まり、1990年代のITバブル、2000年代のグローバリゼーション、さらにその途中のリーマンショックによって、世界経済の「グレート・リセット」はすでに起き始めています。

実は、グレート・リセットを起こして最も困るのは、提案者たちである世界経済フォーラム(ダボス会議)の参加者たちです。だから、彼らは欧米諸国を捨てて中国の経済圏(一帯一路、RCEP、TPP)に参加しようとしているわけです。

米国脅かす極右武装勢力「ミリシア」 ミシガン州知事の拉致未遂も
2020年10月12日 時事通信のリンク画像です。

(出典:2020年10月12日 時事通信)

一方、アメリカではバイデン派とトランプ派どちらにも民間の武装集団が準備しており、一体誰の意志で動いているのか分かりませんが、主義・主張が大きく異なっています。ところが、裏の裏は表であることから意図的に暴動を起こそうとしているのは明らかです。世界中の株価が大暴落するのは、時間の問題となってきました。

2020/11/24 17:00

語学学習のためのメッセージ

日本人は全員日本語が話せますが、日本人同士での人的ネットワークが築ける人と築けない人が必ずいるものです。その時点で、人的ネットワークを作るためには、語学力とば別の能力が必要なのは誰の目にも明らかになっています。

世界中で外国語の出来ないグローバル人材はたくさんいますが、そんな語学力を持たないグローバル人材がどのような力を持っているかというと、それは人的ネットワークを築く力しかありません。

具体的に言えば、国内で人的ネットワークが築けないような人が外国に行ったら急にどんどん人脈を築けるようになる、ということは絶対にあり得ないわけです。だから、本当の意味でのグローバル人材というのは、国内でも活躍できる人だということなのです。

2020/11/24 13:00

今、起きている本当のこと

​重磅!中国暂停因私护照办理?赴美读博不回国被开除,中国公民出境受限!
2020年11月19日 wechatのリンク画像です。

(出典:2020年11月19日 wechat)

中国が、新規のパスポート申請を中止したとの非公開情報が出てきました。外貨準備がすでに底をついているという話もありますが、鎖国政策に転換して内需だけで経済を立て直そうということです。

日本の観光業界は、これで1月末の春節に訪日するはずの大量の中国人観光客からカネを得ることはできなくなりました。これによって菅政権と鈴木道知事は、GoToトラベルキャンペーンの停止ができなくなりました。

だから、意図的に感染者を増やしてワクチンを摂取させなければならないわけです。感染者数は日々うなぎ上りですが、これ以上経済活動を停止させると、若い人たちの自殺者を増やすだけです。

今後、資本主義の欧米諸国が社会主義に転換し始め、社会主義の中国が資本主義となって経済的に繁栄を続けるという逆説的な世界になっていく可能性があります。そして、日本はRCEPによって中国の経済圏に徐々に取り込まれていきます。

2020/11/21 19:00

今、起きている本当のこと

「アフガン文書」米紙が報道 政府が戦争劣勢を隠蔽
2019年12月17日 日本経済新聞のリンク画像です。

(出典:2019年12月17日 日本経済新聞)

怒りと憎しみに駆られた歴代アメリカ大統領は「ディープ・ステート」のジョンソン大統領だけではなく、ウォーターゲート事件で弾劾され、政権の座を追われたニクソン大統領もそのうちの一人と言われています。

ただし、ニクソン大統領の憎しみは外国人ではなく、自国のアメリカ国民にそのまま向けられていました。その後、憎しみや恨みは現在に至るまでアメリカに長期的な影響を及ぼしており、今回のアメリカ大統領選挙の泥沼化につながっている可能性があります。

1期目のトランプ大統領は、北朝鮮やイラン、そして中国との軍事的戦争を避けてきましたが、もし再選されて2期目が始まった時、これまでのような和平路線を180度転換する可能性があります。

2020/11/21 16:00

語学学習のためのメッセージ

英語を使える人、使えない人の格差はまだしばらくは拡がり続けるものと思われます。今後、さらに技術が進化しても人らしさが全面に出るビジネス交渉や音楽、そして即時的な対応が求められるスポーツなどの領域では英語力が不要になることはないと思います。

あと、英語に限らずですが人が自分の能力を向上させたい、成長したいという根源的な欲求がなくなることはないと思うので、どこまでいっても学びは続くことになります。

もはや英語は学ぶというより浴びることで染み渡るに近いと思います。例えば、「自然な英会話」を人工知能ベースの学習ツールにより浴びる学習方法が出てきたりすると面白そうです。

2020/11/21 13:00

今、起きている本当のこと

スピルバーグは、なぜ新作を中断して「ペンタゴン・ペーパーズ」をつくったのか?
2018年3月20日 Forbesのリンク画像です。

(出典:2018年3月20日 Forbes)

実は、1970年代に起きたベトナム戦争で犯した残酷非道な行為をアメリカは隠しています。当時、米軍の約6万人の兵士が死亡していますが、ベトナム人の犠牲者の総数その100倍の600万人と言われています。

当時、ケネディ大統領が暗殺されて自動的に大統領に昇格したジョンソン大統領は、米軍がベトナムで膠着状態になっている状況に強いストレスを感じ、ベトナムに対する強い憎しみからベトナム人を全て殺戮しようとしたと思われます。

ハリウッドの戦争映画では、そのようなシーンが描写されていますが、ベトナムに住んでいた多くの女性や子どもが米軍によって虐殺されたことは明らかです。

ところが、このことは今でも秘密裏にされており、証言する人物には最大限の罰が与えられる現状があります。だから、現在でも証言する人間が全くいません。私自身、このことを具体的に証言しようとは全く思っていません。

2020/11/20 21:00

今、起きている本当のこと

トランプ氏、退任後に訴追?
2020年11月14日 Japan In-depthのリンク画像です。

(出典:2020年11月14日 Japan In-depth)

今回のアメリカ大統領選挙で起きたバイデン陣営の不正については、いくつかのシナリオが用意されているように思います。

「プランB」としては、トランプ大統領やバイデン候補ではなく第三の候補者が現れるシナリオです。この場合、必ず女性である必要がありますが、共産主義者のハリス候補かウォーレン上院議員の可能性があります。

しかし、トランプ陣営の法廷闘争はまだ始まったばかりなので、その線はなくなりつつあります。そして、「プランC」のシナリオこそ、1月20日にバイデン大統領の就任式を行った後、裁判によってトランプ大統領が逆転勝利することです。

2020/11/20 17:00

語学学習のためのメッセージ

英語を使える人々が仕事をするなら問題ありませんが、そこに日本の企業や個人が入ってきて、その人が英語が出来ない場合、その人に合わせた日本語訳をしなくてはならないことがあります。そこで必要になのは知識に裏付けされた日本語力です。

AI(人工知能)による自動翻訳というのは、日本語力のレベルにもよりますが、特に専門用語が入る場合、地域や業界などによっては全く違う意味合いにもなりかねません。そうなると的確な日本語には絶対に翻訳することができないはずです。

それに、聞き手の日本人の知識度を測ることができないので、その人のレベルにあった日本語で訳す必要も出てきます。その辺りを察知することができるのはやはり人の技術だけです。

何より、翻訳された内容が正しいかどうかがわからないレベルで、現状の翻訳機を過信するのは危険だと思います。つまり、本来は外国語に携わっている、ある程度その外国語を理解している人により役立つ、効率化を図るものでしかないわけです。

2020/11/20 13:00

今、起きている本当のこと

米テレビのあからさまな肩入れ報道 NYでCNNとFOXを見続けて感じた深刻な危機
2020年11月8日 朝日新聞GLOBE+のリンク画像です。

(出典:2020年11月8日 朝日新聞GLOBE+)

著名な弁護士(元連邦検事)は、マスメディアの一つであるFOXニュースで不正選挙について言及しているのにも関わらず、アメリカや日本では、中国や北朝鮮も驚くようなバイデン陣営による「報道統制」が敷かれています。

CNNやニューヨークタイムズ以下、ほとんど全てのテレビ局や新聞各社や通信社、そしてトランプ政権を応援していたウォール・ストリート・ジャーナルまで、不正選挙を無視したまま大統領選挙から2週間が経ちました。 

トランプ陣営とマスメディアの間で、これから死人が出てもおかしくないほどの攻防が続く中、日本のマスメディアはCNN(民放)やABC(NHK)から流れてくる情報だけを報道し、「バイデン当選確定」「トランプ敗北」などと垂れ流しているのが現状です。

しかし、いよいよ不正選挙の証拠がアメリカ国内でも報道され始めるタイミングが来ています。世界各国のメディアの論調も、少し変化が出てきました。日本のテレビ局や新聞各社が、どのタイミングで手のひらを返すのか、私たち日本人もしっかりと観察する必要があります。   

2020/11/19 21:00

今、起きている本当のこと

トランプ氏支持のデモ参加者たち、バイデン次期大統領をどう思う?
2020年11月16日 Yahooニュースのリンク画像です。

(出典:2020年11月16日 Yahooニュース)

アメリカ国民の有権者のうち、およそ半分の7500万人はトランプ大統領に投票しましたが、そのほとんどがバイデン陣営の不正選挙についてしっかり認識しているように思います。

CNN、ABCそしてNBCなどの三大ネットワークを中心としたマスメディアが、トランプ大統領に投票した人々の話題を一切取材しないため、人々の怒りが充満し始めており、ついに不正選挙の摘発を訴える声が強くなってきました。

当然、日本のマスメディアもこのことを報道していません。実際に、選挙の不正を徹底的に捜査し、不正票を取り除いた上で投票の再集計をするよう声高に要求しています。アメリカの大手報道機関のうち、信じられないことにFOXニュース以外の全てのメディアが一丸となって、「バイデン当選確定」の既成事実で報道を一貫させています。

2020/11/19 17:00

語学学習のためのメッセージ

AI(人工知能)の選んだ表現が正しい表現なのか、正しい専門用語の翻訳なのか、この表現だと自分の言いたいことの半分も表現できてない、などと自分で判断できないのであれば英語学習が不要になる日はまだまだ遠いわけです。

グーグル翻訳は飛躍的に進歩しましたが、セルフチェックしなければ仕事に使えるレベルではまだありません。ヤフー翻訳やLINE通訳などの機械翻訳も同じです。そもそもセルフチェックできる人はそもそも英語をそこそこ使える人という矛盾もあります。

特に、グーグル翻訳は日本語特有の主語無し文章に弱く、なんでもweとかIにしてしまう傾向があります。まだ前後の文脈までは読めていないのが現実です。しかし、英語ニュースを読んだりするスピードを上げるのにはとても便利ですが、今のところはそれ以上の使い方はできていないのが現状で、今後も英語学習はなかなか不要にはならないでしょう。

2020/11/19 13:00

今、起きている本当のこと

FBIが「民主主義の脅威」と名指した陰謀論グループ「QAnon」の実態に迫る
2020年10月7日 Yahooニュースのリンク画像です。

(出典:2020年10月7日 Yahooニュース)

最近、軍産複合体やウォール街でさえ、トランプ派とバイデン派のように2つに分裂している状況となっています。実際に、両方から情報が入ってきている印象を受けます。

また、米軍とCIAの情報機関が何もしないまま傍観しているようにも見えます。つまり、将校は買収されて軍事利権に食い込んでいても、一般兵は戦争に参加して怪我をしたり、命を失うのは割に合わないということです。

アメリカ陸軍の退役中将のフリン氏は、2016年11月のトランプ政権誕生と同時に安全保障問題担当の大統領補佐官に起用されましたが、2017年2月に解任されたことが米軍分裂の原因であるよに思われます。

同年、ロシア駐米大使との接触についFBIに虚偽の証言をしたとして訴追されましたが、その後、有罪を認めたことを取り下げています。

2020/11/18 21:00

今、起きている本当のこと

完全停戦ナゴルノカラバフ紛争、支配地を失ったのはアルメニア
2020年11月16日 Newsweekのリンク画像です。

(出典:2020年11月16日 Newsweek)

アルメニアとアゼルバイジャンの紛争は、最新型ドローンで5000人以上を殺害したアゼルバイジャンが領土を取り返すことになりました。

一方、日本の尖閣諸島に中国が軍事侵入し、実効支配する可能性がある前例とも言えます。また、世界各国が地政学リスクから秩序を失い、第三次世界大戦に突入するサインが出ていることにも注意が必要です。

今回の紛争は、お互いに愛国心感情をかき立て、声明発表後のアルメニアでは停戦合意に反対するデモ隊が首都エレバンで激しい抗議活動を繰り広げていると報道されています。いよいよ、東京から離れる必要が出てきました。

2020/11/18 17:00

語学学習のためのメッセージ

インプットは確かに大切ですが、それ以上にアウトプットを意識することも大切です。実際に、日本人の一般的な日常生活ではアウトプットの機会はかなり限られています。意図的に英語を使う機会を英会話スクールやスカイプなどで外国人に話しかけるなりしないとアウトプットは厳しいわけです。

シンプルな文法でも実際に使って通じたという経験が重要になります。その喜びからステップアップしていけるのですが、書店に行けば「気の利く言い回し」的な本が所狭しと並んでいます。最近は、学び疲れしたり、目移りして堂々巡りする人も多いはずです。

発音や文法、言い回しなど、どれも大切なことですが、そこまで大上段に構えず、目の前の人とコミュニケーションを取るくらいからスタートするのが結局は最も楽しく、継続しやすく、実践的で効果があります。

2020/11/18 13:00

今、起きている本当のこと

「感染リスク回避できない場合」自粛 説明曖昧、道民戸惑い 鈴木道知事会見
2020年11月17日 北海道新聞のリンク画像です。

(出典:2020年11月17日 北海道新聞)

新型コロナに感染したと感じても、保健所や病院、クリニックなど週末は休業しており、市役所や区役所なども対応してくれないのが現状です。

つまり、公的機関では誰も守ることができないということです。土日休みの自衛隊員が、24時間営業している中国人民解放軍を相手に戦争しているようなものです。Atlasマンツーマン英会話は札幌駅直結のスクールであり、子どもたちも通っています。

うっかり感染してしまうと、スクール自体を閉鎖するしか方法がありません。何もしない菅政権=鈴木道知事ラインの話を真面目に聞くことほど馬鹿げたことはないわけです。政府や自治体は、国民にこれまで支払った税金を返金するべきです。

アメリカ大統領選挙でクーデターを謀ったり、危険なワクチンを接種させようとするなど、ほとんど死なないウイルスで大騒ぎし、マスメディアを使って煽るのを止めさせるだけのツイート量が必要です。

2020/11/17 21:00

今、起きている本当のこと

米大統領選タイムライン④完 ついにバイデン氏当選確実
2020年11月16日 朝日新聞のリンク画像です。

(出典:2020年11月16日 朝日新聞)

トランプ大統領は、「一体いつからメディアが次のアメリカ大統領を決定する権限をもつようになったのか。大統領を決めるのは法的に有効な票だけだ。」と語っています。実は、大統領選挙はまだ序盤戦でしかないということです。

マスメディアは、もう半年以上も「バイデン優勢」と報道しています。ここまで徹底して偏向報道するということは、彼らも生き残るのに必死ということです。トランプ陣営は、最終的に最高裁判所で勝とうとしています。

慎重に見るべきですが、日本の菅首相はバイデン候補に祝辞を送り、電話会談で中国と日本の戦争について話し合ったと報道されています。トランプ大統領が再選された時、菅首相の政治生命は終わります。

ロシアのプーチン大統領や中国の習近平主席は、完全な結果が出るまで当面、見守る姿勢を保っています。実際に、トランプ大統領は来年1月19日まで任期が残っています。これから一体何が起きるのでしょうか?

2020/11/17 17:00

語学学習のためのメッセージ

日本で英語を学んでいると、どうしてもインプット重視、などと言う英語教師がいますが、そもそもインプットのやり方が間違っていると思います。なぜなら、インプットしないとアウトプットはできないからです。

電車内で英語の勉強をしている人を見ると、大抵の場合、勉強しているのは単語なのがわかります。前後の文脈も何も考えずに、英単語と日本語の対応をひたすら覚えようとしている人は多いのではないでしょうか。しかし、それでは脈絡がないので覚えにくく、活用もしにくいわけです。

一番のおすすめは例文をひたすら覚えることです。単語集に載っている文例、英会話のテキストなどを覚えます。もう一つ重要なのは、音も真似することです。イントネーションやテンポも真似するつもりでやることです。英語は音の言語なので、音を真似できるというのが重要になってきます。

2020/11/17 13:00

今、起きている本当のこと

バイデン氏が安保条約5条に言及した意味 日米電話協議
2020年11月12日 日本経済新聞のリンク画像です。

(出典:2020年11月12日 日本経済新聞)

テレビや新聞を通じてバイデン陣営がつく「嘘」というのは、実は核兵器より危険です。なぜかと言えば、「嘘は泥棒の始まり」であり、「泥棒は人殺し」に発展するからです。

個人なら数人しか殺害できませんが、国なら戦争を仕掛けることで数万人、数百万人を殺害することができます。つまり、「嘘」は「戦争の論理」から出ているわけです。

組織や個人でも、豊富な軍事力と資金力を持つと謀略を謀る傾向が高くなりますが、嘘をつくことが止められなくなれば最終的には殺人者にまで至ってしまうわけです。特に、現代の科学技術で「戦争の論理」を弄ぶと人類消滅につながっていきます。

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.