Atlasマンツーマン英会話

ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ|Atlasマンツーマン英会話

札幌駅、大通エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム >ピーター・ヨネナガ社長の今日のメッセージ

 Atlasマンツーマン英会話ピーター・ヨネナガからのメッセージ

「今日のメッセージ」を初めて読む方は、こちらもお読みください。
   はじめてコラムを読むあなたへ ピーター・ヨネナガからのメッセージ >>>

2024/5/18 21:00

今、起きている本当のこと

円安の物価への影響に強い懸念、「守るべきラインない」と鈴木財務相
2024年5月8日 Bloombergへのリンク画像です。

(出典:2024年5月8日 Bloomberg)

為替市場では、財務省と日銀が円安を食い止めるために積極的に為替介入しているとショートポジション(売り)を仕掛けていますが、その気配は全く感じられません。

もし本当に円安を食い止めたいのなら、鈴木財務大臣はアメリカのイエレン財務長官と電話で話し、大規模な為替介入の条件を整えていたはずです。要するに、財務省も日銀も経団連(大企業)を優遇する政策を取り続けているだけです。

上がらぬ賃金、さらなる値上げ…「個人消費」が上向かないのも道理 円安で潤う企業との明暗、ますます鮮明に
2024年5月17日 東京新聞へのリンク画像です。

(出典:2024年5月17日 東京新聞)

実際に、輸出額は4ヵ月連続で増加しており、円安で儲ける製造業などを助けていることは明らかです。一方、輸入で儲けている商社やエネルギー関連企業は「便乗値上げ」で日本国民を苦しめており、損益を被っているのは貧困層の日本国民です。

アメリカ発の金融危機が発生するまでは、これからさらに円安が進むことになり、もし1ドル=170円台に到達すれば消費税率と同じ10%の物価高が起きます。つまり、実質的な物価高は20%を超えることになり、さらに生活が苦しくなるということです。

2024/5/18 17:00

語学学習のためのメッセージ

英語というのは、自分で声を出して話すことでしか上手くなりません。英語ネイティブの真似をしたり、自分で英文を作ってみて少しずつ読む量を増やしていきながら、フレーズのストックを作っていく作業が大事だと思います。

必ずしも英語で聴いたことを口に出すだけではなく、文章に書いてあることを口に出す音読も効果があると思います。色々と同時にやろうとすると難しくなので、まずはこの方法が良いかと思います。当然、英語に限らず他の言語でも使えます。

英語圏に4年近く住んでいても、未だに洋画を字幕なしで観れない日本人はたくさんいます。現地の英語ネイティブとの会話でも困ることがあります。だからこそ、自主的に英語を勉強することをやめてはならないわけです。

シャドーイングというのは、テキストを見ながら音声を聞き、音読することですが、それだけでは効果は薄れてしまいます。これまでそのやり方をシャドーイングと勘違いしている人がいますが、だから英語力が伸びなかったのかもしれません。

2024/5/18 13:00

今、起きている本当のこと

円安反転のために金利上昇を受け入れる日本、利払い不安に伴う円、国債、日本株のトリプル安も現実味
2024年5月17日 JB pressへのリンク画像です。

(出典:2024年5月17日 JB press)

日本円は、4月26日に1ドル=160円を突破して34年ぶりの円安を更新し、今年に入って最大12%も下落しています。

そのような状況の中、日銀の植田総裁は円安が日本経済に大きな影響を与えるとして、必要に応じて金融政策を変更するとの考えを示しました。つまり、日銀が為替介入して円安を食い止めるということです。

円安の原因はアメリカとの金利差ですが、アメリカFRBは2022年2月24日に始まったウクライナ戦争でロシアに勝てると確信し、政策金利を1年半で5%台にまで引き上げました。しかし、アメリカが事実上敗戦したことで今度は政策金利を引き下げようと方向転換を示唆しています。

円安・物価高で「100円均一」崩壊間近…業界は売り上げ好調も、価格維持いよいよ困難に
2024年5月10日 日刊ゲンダイDIGITALへのリンク画像です。

(出典:2024年5月10日 日刊ゲンダイDIGITAL)

一方、景気の減速を恐れる日銀は政策金利を引き上げないという考えを示しており、なかなか日米の金利差は縮まりません。結局、財務省と日銀は日本国民を犠牲にしてでも円安を維持する政策を意図的に実行しているわけです。

2024/5/17 21:00

今、起きている本当のこと

ロシア 戦術核兵器部隊の軍事演習の準備開始 欧米をけん制か
2024年5月7日 NHK NEWS WEBへのリンク画像です。

(出典:2024年5月7日 NHK NEWS WEB)

ロシアは、核兵器を扱う部隊が軍事演習の準備を開始したと発表し、ウクライナを支援する欧米諸国がロシアを追い込んでいるのがわかります。

パレスチナの国連加盟、賛成多数で採択…アメリカとイスラエルは「反対」
2024年5月11日 読売新聞へのリンク画像です。

(出典:2024年5月11日 読売新聞)

一方、欧米諸国はイスラエルをガザ南部のラファへ侵攻するようにも追い込んでいます。つまり、ディープステートの総本山であるヨーロッパの王族たちは、世界大戦を仕掛けようとしているということです。

天皇皇后両陛下 6月下旬に国賓としてイギリス公式訪問へ
2024年4月27日 NHK NEWS WEBへのリンク画像です。

(出典:2024年4月27日 NHK NEWS WEB)

6月下旬に日本の天皇陛下がイギリスを訪問することが決まっていますが、その間に韓国と北朝鮮が水面下で併合を進めています。しかし、中国と台湾の問題がまだ解決しておらず、東アジアに平和が訪れるにはまだまだ時間がかかりそうです。

それを邪魔しているのが、メディアや芸能界、反社会的勢力の暴力団やカルト宗教団体でした。しかし、アメリカCIAから資金と利権を与えられていたテレビ局の資金は枯渇しており、お笑い芸人が食レポするだけの低予算番組ばかりが放送されています。

2024/5/17 17:00

語学学習のためのメッセージ

相手が英語で何を言ってるか分からないのであれば、それでは全く意味がないので、まずは英語を聞くために自分自身が発言できるようになる必要があります。

実は、英語には日本語にない喉や口、そして舌の使い方などがあります。これを習得するためには、理解をして反復しながら徐々に自信に繋げていくしかありません。同じことを繰り返し何度も反復し、練習して実践するから自信になるわけです。

当然、日本では実践する場が圧倒的に不足しているからこそ、マンツーマンでのレッスンが必要となります。つまり、英語ネイティブと対面で話すということです。ただ外国人が集まる環境に通ったところで質は全く上がらないのが現状です。

英語学習には様々な要素や条件があり、言語を学ぶことは環境を選ぶことでもあります。

2024/5/16 21:00

今、起きている本当のこと

ハワイやグアムが「高嶺の花」に…日本経済の衰退で「国内旅行がやっと」になった日本人
2024年2月24日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2024年2月24日 Yahooニュース)

日本では1990年以来、34年ぶりの円安によって日本から海外旅行のツアー料金は、軒並みコロナ前の2倍以上にまで高騰しました。

特に、飛行機に乗る際の「燃油サーチャージ」の負担額が大幅に上がっており、ほとんどの日本人は海外旅行に出かける余裕などないのが現状です。1980年代前半、今から40年前は1ドル=360円の固定相場の時代は、「海外旅行など一生に一度の夢」でした。

取り残される日本人の英語力…なぜいつまでも話せるようにならないのか?
2024年4月30日 BUSINESS INSIDERへのリンク画像です。

(出典:2024年4月30日 BUSINESS INSIDER)

今、日本人は円安の影響で物価が安いはずの東南アジアにも行きにくくなり、英語を学ぶために欧米の大学に留学することなど無謀な行為になりつつあります。そもそも、英語がいつまでも話せない日本人に海外に行く必要があるのでしょうか?

アメリカのメジャーリーグで大活躍の大谷翔平選手ですが、結局、北海道日本ハム・ファイターズ時代に英会話を習わず、現地で通訳に頼ったことで騙されてしまったわけです。信じられないことに、海外では最も信用できないのが同じ日本人です。

2024/5/16 17:00

語学学習のためのメッセージ

実は、外国人に対して「Sorry, I can't speak English…」は最も言ってはいけないフレーズの一つとなっています。

私は、インド人や中国人、スペイン人が話す英語の訛りは、日本人のカタカナ英語よりも聞き取りにくいと感じています。ところが、彼らの多くはサバイバル能力が優れているために平気で話しかけてきます。

単語や文法も滅茶苦茶な外国人が多い中、日本人の英語のほうが丁寧に英文を作る能力があります。まずは、「恥ずかしい」「間違えたくない」「周りに悪く思われたくない」とは考えず、積極的に話しかけていく勇気が必要です。

2024/5/16 13:00

今、起きている本当のこと

ビットコイン 半減期後の「危険ゾーン」を脱出か=仮想通貨アナリストが指摘
2024年5月14日 コインテレグラフジャパンへのリンク画像です。

(出典:2024年5月14日 コインテレグラフジャパン)

ビットコインは、「半減期後」も価格が安定しており、これからさらに価格が上昇する予測が出ています。ただし、CIAのマネーロンダリングに使われるなど危ない側面も見え隠れしています。

しかし、ビットコインなど暗号資産に搭載されている「ブロックチェーン」は、これから発行される「デジタル通貨」にとって欠かせないものであることは明らかです。もし価格が安定するようになれば、本当に決済手段として日常的に利用されるかもしれません。

GAFA低成長下、暗号資産がリスクマネーの「受け皿」になり得る理由
2022年11月8日 Forbes JAPANへのリンク画像です。

(出典:2022年11月8日 Forbes JAPAN)

つまり、世界の基軸通貨である米ドルに依存しなくても、世界中の人々が金(ゴールド)のように自由に売り買いできる可能性があるということです。不安なのは、暗号資産をマイニングなど技術的に管理を任されるGAFAM(Google、Amazon、Microsoft)がさらに権限を持つことです。

バイデン政権の3年間で、既存の米ドルは廃棄されることはほぼ決まっており、次のトランプ政権で新しい米ドル(デジタル通貨)で、いよいよ新世界秩序(New World Order)による「新しい共産主義体制」が始まるかもしれません。

前へ <<< 84 85 86 次ヘ
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.