Atlasマンツーマン英会話

ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ|Atlasマンツーマン英会話

札幌駅、大通エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム >ピーター・ヨネナガ社長の今日のメッセージ

 Atlasマンツーマン英会話ピーター・ヨネナガからのメッセージ

2019年9月のメッセージ

アメリカ国民の多くは、トランプ大統領が変革をもたらしてくれると信じています。しかし、「アメリカ・ファースト」などと謳いながら、民意の反映である政策が決定されながらも、トランプ大統領は本質的な問題に対処しようしないのが現状です。

それでもアメリカ国民は、自己暗示にかけながら大統領選に熱狂し、自分たちが望んでいたことと正反対の結果にされてしまっています。一方、日本国民の多くも戦後70年以上も続いてきた自民党政権が日本を経済崩壊から救ってくれると信じているようです。

先進国のほとんどは、経済成長率の伸び悩みに頭を抱えていますが、その中でも日本だけが世界市場に占めるシェアを減らし続け、実質賃金も減り続けています。なぜかと言えば、私たちがテレビなどで見ている安倍政権は表向きの政府で、本当の政府ではないからです。

このことが理解できない主な原因が、世間的に体裁の良い学校に通って「誤った教育」を受け、誰もがうらやむ大企業に就職し、普通より多い給与をもらい、いい暮らしをすることこそが人生の目標であるかのようにマスメディアが刷り込んできたからです。

今、多くの日本人に決定的に欠如していることは、「人生の本質的な価値を考えられないこと」です。

『本日のメッセージ』を読み、考え、行動しなければ、自然淘汰の時代に呑み込まれていくことは確実になったことをお伝えしなければならなくなりました。是非、日々の参考にしていただければ幸いです。

アトラス株式会社CEO ピーター・ヨネナガ

2019/9/20 13:00

今、起きている本当のこと

The monetary policy endgame
201年9月5日のブラックロックブログのリンク画像です。

「エンドゲーム(endgame)」という英語がありますが、日本語に訳すと「終盤」「最終段階」という意味になります。

最近、欧米のマスメディアで見かけることが多くなった英単語ですが、金融市場関係者や経済学者に至るまでこの言葉をよく使うようになリました。つまり、専門家たちの多くが、いよいよ「世界金融の終わりが近づいている」ことを否定できなくなりつつあるようです。

一方、日本でも日銀がデフレとの戦いの中で、金融業界では禁じ手とされていた「マイナス金利政策」を続けたことで、実際に国債(借金)が増加し、もはや日本経済は一線を越えてしまっているように思います。

つまり、金融政策はもはや打つ手なしで、安倍政権が「万策尽きた」とギブアップするまで、早ければあと1年もない可能性があります。

2019/9/19 21:00

今、起きている本当のこと

東電旧経営陣3被告に無罪判決 福島第1原発事故で東京地裁
2018年9月10日のブルームバーグのリンク画像です。

明らかな悪人たちが無罪放免となっているわけです。この3人が無罪なら、日本では有罪になる人は一人もいなくなるのではないでしょうか?

日本は、もはや司法が機能しない無法国家となりつつあります。そう気がついた人が増えていくように願っていますが、ならず者国家では誰も救われることはなく、子どもたちが希望を持てる未来などあり得ません。

この7年ほどは、安倍政権が行ってきた政策や人事選択によって、「国民を殺していく」という社会構造が蔓延しており、無意識でその方法を踏襲しているようにも見えてきます。今後、さらなる凶悪な事件や事故、そして自然災害が猛威を振るっていくことになります。

2019/9/19 17:00

語学学習のためのメッセージ

英語を話すときに通じなければいけないことは「自分の考えや主張」であり、それを英語というグローバル言語を媒介して伝えることが重要になりつつあります。

そして、何よりも重要なのはすでに英語を話せる人材を、幼い頃から受け入れる体制を学校や民間スクールで整えることです。

折角、帰国子女が英語を身につけて帰ってきても、意味のわからない同調圧力が働き、クラスメートと同じ「カタカナ英語」を話す空気をクラスの中に醸し出されては40年前と同じです。

TOEIC990点を取得した人の英語が外国人に通じないのは間違いのない事実でありますが、文部科学省が日本の英語教育を変えられないうちは、個人の経験や知識を生徒に伝えていくしかないわけです。

2019/9/19 13:00

今、起きている本当のこと

フェイスブック「リブラ」、ドルや円が裏付けか-元は含まれない公算
2018年9月10日のブルームバーグのリンク画像です。

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」を巡っての動きが加速しつつあります。将来の世界通貨としたい勢力と、世界通貨の実現を阻みたい勢力の対立があるなど、二極化のイメージで語られることも多いですが、実際はもっと複雑なものであるということです。

フェイスブックの「リブラ」、仏財務相が欧州での運用阻止を表明
2018年9月13日のブルームバーグのリンク画像です。

リブラの運用については、フランスとドイツがすでに運用阻止を表明しており、このEU(欧州連合)の動きは「ユーロ」の失敗を踏まえてのものであると考えられます。リブラには、米ドルや日本円を裏付けとしている一方、中国人民元は除外されるということも、現在の米ドル支配と何も変わらないのではないか、というEUからの疑念の種になっているようです。

最終的に、運用されるのがどんな仮想通貨(暗号資産)であるかは不透明であるにしても、キャッシュレス化と並行しながら既存の通貨からの移行が始まりつつあります。

2019/9/18 21:00

今、起きている本当のこと

サウジ石油施設攻撃 ミサイルはイランから 米CNNが報道
2018年9月17日の毎日新聞のリンク画像です。

アメリカCNNが、サウジアラビアの石油施設攻撃のミサイルは、イランから発射されたものであると報道しています。一方、イランのロウハニ大統領は関与を明確に否定しているわけです。

CNNは、トランプ大統領にフェイクニュースであると名指しされているように、軍産複合体が望むニュースを流していると考えるべきではないでしょうか?

イランは、アメリカとの二国間交渉には意味がない、と拒絶するなど一貫した態度を崩していません。また、ネタニヤフ首相続投か否かを国民に問うイスラエルの総選挙が過半数割れとなったことから、イスラエルがこのサウジ石油施設攻撃について発言することができなくなっています。

2019/9/18 17:00

語学学習のためのメッセージ

私が外国に行って、その国の人が未熟な日本語や英語で話しかけてくることを、私は嬉しく思うことがあります。

実際に、アジア各地でたどたどしい日本語で話しかけてくれる人が予想外に大勢います。英語ネイティブが日本に来て日本人の英語の未熟さにイライラするのであれば、世界中どこでも英語をきちんと話すことが当然という、自分中心で傲慢な人間性であることが証明されてしまうわけです。

そのような人間など相手にしなくてもいいだけですが、これは日本語の会話でも同じことが言えます。英語に限らず日本語でも、聞かれたことに答えても「So what?(だから何?)」と会話が途切れてしまう人間がいます。

要するに、話が膨らむような質問ができるかどうかは会話上手かどうかにもよるということです。ただし、日本の教育が暗記英語になっているうちは外国人に対して何も言えない状況は続いていきます。

2019/9/18 13:00

今、起きている本当のこと

マイナンバーカード取得者にポイント付与 「○○ペイ」と連携、20年度導入へ
2018年9月3日のITメディアビジネスオンラインのリンク画像です。

日本では、全く機能していないマイナンバーカード制度をキャッシュレス決済制度と接続し、ポイント還元を餌に改めて普及させようとしていると思われます。

しかし、今回のエクアドルの件を引き合いに出すまでもなく、集約された情報は流出するものであることから、デジタル・データは特に簡単に漏洩し得るものである、という認識を持つ必要があると思います。

エクアドル、ほぼ全国民の個人情報流出か=大統領のデータも
2018年9月18日の時事通信のリンク画像です。

2019/9/17 21:00

今、起きている本当のこと

ポンド上昇、週間で5月以来の大幅高へ-EU離脱問題で楽観が台頭
2018年9月13日のブルームバーグのリンク画像です。

9月に入っても世界情勢は激動しているわけですが、世界経済は一層不安定になっています。これからリーマンショックのような金融危機は起こるのでしょうか? 

結局、イギリスは「合意なきEU離脱」を実施すると思われます。しかし、EU離脱が実施される直前にEU(欧州連合)は妥協し、自由貿易を保証する何らかの妥協案をイギリスに提示するはずです。

実は、問題はイギリス側にあるのではなく、EU側にあることは明らかで、離脱した途端に通貨「ユーロ」が「暴落」することが予測されています。なぜかと言えば、EU離脱というのはEU諸国で起こっている様々な問題を表面化させる役割があるからです。

まず、ドイツ銀行の債務破綻からはじまり、イタリアの銀行危機などが一挙に噴出することはすでに既定路線となっています。それにより、ユーロも大暴落するというわけです。一方、EUから離脱できたイギリスの通貨「ポンド」は10月から上昇していくものと考えられます。

2019/9/17 17:00

語学学習のためのメッセージ

仕事でメールのやり取りをスムーズに進めるならば、まずはフォーマットを覚えることから始まります。結局、英語でも日本語でも知識と経験になります。

私自身、外交や金融、医療関連や映画産業などで仕事をしましたが、実務面で重要なのは専門知識と経験値しかないように思います。特に、ビジネス面では自分の努力次第でいくらでもレベルアップすることができるはずです。

ビジネス英語であっても、何度かそのような現場に立たされると慣れるものです。しかし、ビジネスではなく、死活問題の瀬戸際にいる方から相談を受けた時、平常心でどれだけ適切な対応ができるかどうかです。

こうなると学歴や語学力よりも、相手を包みこむことができる人材が向いているのは明らかです。もはや日本語も英語も関係なく、中卒でも人が集まってくるフーテンの寅さんのような人物が求められているように思います。

要するに、ビジネス英語や日常会話というようなとか妙な分け方をせずに、普通に語学力を伸ばすレッスン内容を提供できるのであれば、より信用度も高くなると思うわけです。

2019/9/17 13:00

今、起きている本当のこと

サウジ石油施設攻撃、揺れる中東はさらに不安定に 米は実は玉虫色
2018年9月16日のBBCのリンク画像です。

いよいよ中東戦争が始まるということです。世界最大規模の原油埋蔵量を持つサウジアラビアは輸出産業しかないわけですが、このタイミングでイスラエルでは選挙が行われる予定です。

結局、軍産複合体がトランプ大統領とイランの交渉を妨害することが目的であると思われますが、実動部隊はイエメンの親イラン武装組織フーシ派ではなく、イスラエルの諜報機関「モサド」ではないでしょうか?

最近、アメリカとイランが和解しそうな雰囲気がありましたが、今やイランにはサウジアラビアの石油施設を攻撃する意味などないわけです。イスラエルのネタニアフ首相は選挙前で、サウジアラビアも原油価格が安すぎて困っていたのは明らかです。

世界情勢は、何度も見飽きた話を展開していますが、トランプ大統領がツイートで株価を上昇させ、モサドが下落させています。こうなると、上下で利益が得られることになりますが、問題は日本人投資家のほとんどが損をするということです。

安倍政権は、中国が買わないアメリカの家畜用トウモロコシ(遺伝子組み換え)を買わされ、権力の座に居られるのならトランプ大統領の言うことを何でも聞いてしまっています。売国奴政権とはこのことを言うのでしょう。

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.