Atlasマンツーマン英会話

伊豆山の土砂崩れから富士山噴火、南海トラフ巨大地震で始まる「令和維新」|Atlasマンツーマン英会話

札幌エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > すべての「人」へ、今、起きている本当のことをあなたに

伊豆山の土砂崩れから富士山噴火、南海トラフ巨大地震で始まる「令和維新」

更新日 2021年7月7日

 

江戸幕府の崩壊招いた「災害連鎖」対応に学ぶ教訓
2021年7月6日 Yahooファイナンスへのリンク画像です。

(出典:2021年7月6日 Yahooファイナンス)

 

7月に入り、日本列島に留まっている梅雨前線が「線状降水帯」を形成し、雨がずっと降り続いており、日本各地でニュースにならない程度の土砂崩れを起こしています。

 

古代から、日本は雨が多く降る災害国家であることから、地震と津波、そして台風による停電や風水害を受け続けることになるわけです。実際に、日本の歴史年表を調べてみると100年に1回どころか、数年に1回は大規模な被害が出ていることがわかります。

 

日本で生まれ育った以上、私たちは宿命としてこの事実を受け入れる必要があると思います。今回の熱海の土砂災害のように、100人もの犠牲者が出たとしても、生き残った多くの人は希望を持って生きていくしかありません。

 

この災害をきっかけに、日本全国の自治体では山間部の点検を実施するものと考えられます。テレビのニュース映像は、今や地元住民がスマホで撮影した映像を使うようになり、その生々しさが全国的に報道されています。

 

この数々の動画は、日本国民だけではなく、世界中の人々が視聴しています。最近は、災害の瞬間を捉えた動画がテレビのゴールデンタイムに流されるようになって、人々が災害について現実的に考えるようになりつつあります。

 

三浦半島の異臭騒ぎに“第2波” 一時鎮静化も再燃、「気のせい説」も
2021年5月8日 sankeiBizへのリンク画像です。

(出典:2021年5月8日 sankeiBiz)

 

私自身、熱海に滞在したことがありますが、その時は40度近い高熱を出して古くて小さな病院で点滴を打ってもらったことを覚えています。しかし、途中でさらに気分が悪くなって点滴を中止した記憶が残っています。

 

その後、熱が下がらないまま、まともにコミュニケーションが取れない横浜のスタッフと無駄な時間を過ごしました。数年後、羽田空港から横浜駅にバスで向かっている時、同乗者が「サンスクリット語が聞こえる…」と言い出し、次の日に不動明王が守護神である「成田山神社」に向かいました。

 

私は、今回の災害現場である伊豆山神社にも行ったことがあります。小さな祠があるだけで社務所もなく、管理されていない神社でした。そのすぐ下に、土砂崩れで流された別荘が並んでいたように思います。

 

結局、土石流の現場から海にまで続く谷沢沿いまで、土石流は流れていきました。そして、海沿いには「熱海ビーチライン」という観光道路がありますが、その下の漁港に死体が流されていったわけです。

 

2022年NHK大河ドラマ 「鎌倉殿の13人」
NHKへのリンク画像です。

(出典:NHK)

 

伊豆山神社は、源頼朝と北条政子が結ばれた神社と言われており、来年のNHK大河ドラマは、「鎌倉殿の13人」という北条氏を描いたドラマです。1185年に鎌倉幕府が誕生して以降、東日本を勢力下におく鎌倉幕府と、西日本を勢力下におく朝廷による2つの政治が続いていました。

 

しかし、1221年に起きた「承久の乱」で、鎌倉幕府の北条義時が朝廷を武力で倒して朝廷の権力を制限し、幕府の権力が全国に及ぶ中、日本を統治する上で指標となる道徳や倫理観そして慣習が各地で異なるため、武家社会、武家政権の裁判規範として制定されました。

 

そして、政子の兄である北条泰時が「御成敗式目」という法令(憲法)を作りました。それから約50年後、北条氏は足利氏に敗北した中で、1274年にモンゴル帝国(元寇)が九州を攻めてきたわけです。

 

鎌倉の右大臣の家集 「金槐和歌集」
中世歴史巡りへのリンク画像です。

(出典:中世歴史めぐり)

 

さて、「熱海」という地名は温泉で熱くなった海のことを意味しているのは明らかです。今回、崖崩れが起きた「龍の口」の真上の場所に伊豆山神社が鎮座しています。このように、歴史を知ることでこれから何が起きるのかがわかってきます。

 

鎌倉幕府の3代将軍であった源実朝は、箱根権現(神社)に祈願に行った帰りに熱海の上にある十国峠から相模湾を見下ろし、有名な歌を詠んでいます。実朝は、出家して歌人になった西行法師にも学んでいます。

 

しかし、母親の政子は父親の北条時政を追放し、頼朝との間の子である2代将軍の頼家とその弟の3代将軍実朝を殺害し、夫の頼朝が落馬死してから亡くなっています。悲劇の将軍であった頼家は、伊豆の中央の修善寺の湯殿で襲われました。

 

実際に、修善寺には今も怨霊が立ちこめている頼家と従者たちの墓があります。京都から後鳥羽院上皇の命令で攻めてきた公家の天皇軍に対し、政子は有名な「いざ鎌倉」で関東から武士を引き連れて対抗したわけです。

 

関東からの武士たちは政子の演説に感動し、涙を流しなから決意して京都から攻めてくる、天皇軍と「富士川の合戦」で壮絶な戦いが始まり、 そのまま京都まで攻め上がって「検非違使」と「六波羅探題」を作って、京都の公家たちを逮捕して後鳥羽上皇を島流しにしました。

 

そして、このような現象が令和の時代にも起きることになります。東宮と秋篠宮の2つに分かれつつある皇室と、明治維新後150年も続いた薩長による官僚システムの崩壊です。大地震と大津波、大噴火、そして金融大崩壊で自民党政権は、いよいよ役目を終えることになりそうです。

すべての「人」へ、今、起こっている
日本の国内情勢の本当のことをあなたに
信仰心がない日本人は、これから自然災害(人災も含む)の苦難に見舞われる
from 情報リテラシー教育スクール atlasl.net

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.