Atlasマンツーマン英会話 「ええじゃないか!」キャンペーン実施中!|国内外情勢を学びながら英会話を習得できるAtlasマンツーマン英会話

札幌駅、大通でマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム >社会構造が変わる「ええじゃないか!」キャンペーン実施中!

社会構造が変わる「ええじゃないか!」キャンペーン実施中!

ええじゃないかキャンペーン実施中!

「ええじゃないか騒動!」は2019年に本格化し、そして2020年…
価値があると思われていたものが無価値となり、無価値と思われたものが価値があるとされる時代のキャンペーン!

毎年10月31日、現代版「ええじゃないか騒動」が日本各地でハロウィーンの日に発生し、一部が暴徒化しています。特に、若い世代は社会的・経済的に圧倒的に成功を収めた経験がないことから、相当な鬱憤が溜まっているものと思われます。

そして今後、この流れは全ての世代にも広がっていくものと考えられます。歴史的にこれと似たことが今から約150年前の1867年頃に日本各地で起き、老若男女が「ええじゃないか!」と叫びながら通りを踊り歩く集団がいました。

この騒動は、明治維新の直前という不安定な時代にあって、一般庶民が新しい世の中が生まれることを期待して自然発生したものと言われています。実際、騒動が大発生した1867年は、徳川幕府最後の将軍慶喜が大政奉還をした年、つまり幕府最後の年でした。「ええじゃないか」の時代背景としては、ちょうど現在のように世の中には不安の感情が蔓延していたわけです。

さて、2019年はフランスのマクロン政権に反対するデモ隊がパリを中心にフランス全土の2000ヶ所以上で「黄色いベスト運動」と呼ばれる大規模な抗議運動を起こしています。

 

6月、中国政府側の香港特別行政区政府の長官にさらなる圧力をかけるべく、「邪悪な条例を破棄せよ!」と声を上げながら香港市民が200万人が街路を行進しています。そして8月、ついに香港の抗議デモが台湾に飛び火しています。

 

また、その余波がオーストラリアの大学にも広がっており、デモ隊を支持する学生たちが、中国政府側の中国人学生たちによる攻撃や嫌がらせの標的となっていると報道されています。中国政府が裏でこうした学生たちを支援していると思われます。

 

そして、中国政府に対してアメリカがけん制しているのがわかります。アメリカのツイッターとフェイスブックは、抗議デモの正当性を貶めるなど政治的な対立を煽る内容が投稿されていたとして900以上のアカウントを閉鎖したと発表しています。

 

特に、ツイッターが最も隠したい真実というのが、香港で暴動を起こした中心的人物が、アメリカ領事館の指示で動いているというわけです。つまり、香港の暴動はアメリカが中国→台湾→朝鮮半島までも巻き込むための運動であるということです。


一方、日本でも規模は小さいですが「年金返せデモ」で2000人が集まりました。夫婦の老後資金に関する金融庁の金融審議会市場ワーキンググループ(WG)報告書を巡り、政府の年金政策に抗議するデモが都内で開かれたと報道されています。

 

さらに、ハンガリーは年間400時間労働で「奴隷労働法だ」とデモを起こしています。日本は年間1600時間働いても騒ぎが起きていません。果たして、日本でも暴動は起きるのでしょうか?

 

南米チリでは、10 月から続く暴動で19人が死亡し、地下鉄運賃値上げへの抗議として首都サンティアゴで始まったデモは格差や物価上昇への怒りも誘い出し、国内のほかの都市に拡大しています。

 

同じく南米のエクアドルでは、IMFの財政支援を受けるための緊縮財政に伴う燃料補助金廃止に抗議する大規模デモが発生し、アルゼンチンでもIMFとの合意に基づく緊縮策に対する抗議行動が頻発しています。

 

緊縮策を背景とする反政府デモは南米以外にも広がっており、巨額の財政赤字への対処を迫られるレバノンでは、消費税引き上げに対する抗議をきっかけに数十万人規模のデモが起きています。

 

ハイパーインフレ状態のジンバブエでは、ガソリン価格引き上げ決定を受けて大規模なデモが発生し、ヨルダンでは食料品・燃料補助金の廃止に怒る市民が大挙して街頭に繰り出しています。

 

反発の動きは主として中南米や中東、アフリカで展開し、その舞台は最貧国から中所得国、独裁国から安定した民主主義国までと幅広くなりつつあります。抗議運動は物価上昇が引き金になることが多いですが、火に油を注ぐのが経済的不平等や政治家の汚職への怒りです。

 

ハイチイラクでは、特定の契機もないまま経済状態と政治家の汚職に抗議する反政府デモが起きています。世界各地で一般市民は、政治家と大企業が癒着した汚職が横行しているとの認識を強めています。

 

チリの地下鉄代金が米ドルでたったの4セント値上げしただけで、100万人規模のデモが起き、20人が死亡して7000人が逮捕されていると報道されています。一方、日本は消費税を2%も上げたにも関わらず、デモや暴動など何も起こっていません。

 

香港で起きているような激怒する市民によるデモは、中国と親しいボリビアやレバノン、エクアドル、イラク、アルジェリアでも起きており、世界中の国民の不満が爆発しているわけです。

 

これから治安は悪化していく一方で、身分制度や階級社会に不満を持った人々が増えてきているのは明らかです。いずれ日本にも市民デモが飛び火する可能性は否定できません。

 

ところが、日本の貧困層の多くが一人暮らしの高齢女性とシングルマザー、そして若いフリーターであり、お婆さんやお母さん、そして若くても栄養不足で体力がないフリーターたちが暴動を起こすことなどできないわけです。

 

今現在、日本は債「権」国としてデフレ経済に、欧米諸国は債「務」国としてインフレ経済にあります。現地に行くと分かることですがアメリカでは明らかに物価高です。これでは低所得者は生きていくことができないのは誰の目にも明らかです。

 

日本のようにデフレ経済は皆が貧乏になっていきますが、インフレ経済では貧富の格差が広がることから、日本以外の諸外国ではますます暴力的な解決方法に進展していく可能性があります。ところが、「奴隷というのは自分が奴隷であることが自覚できない」ため、奴隷法が可決されても自分のことではないと思っているのかもしれません。

 

明らかにこれまでの構造が一気に崩れてきています。そして、間違いなく世界中で「ええじゃないか騒動!」は再び本格化していくというわけです。そして、東京オリンピック開催を控えた2020年、そして2021年は一体どのようなことが起こるのでしょうか?

 

「令和」という時代は、神の声を聞く時代であるということです。今の時代は、科学偏重で神を信じなくなってしまいました。これから科学では太刀打ちできなような災害がさらに増えてくるのは明らかです。

 

そうなると、全ての人間が神にすがる他なくなるわけです。そうなって初めてまた神というものを信じるようになるのかもしれません。物質世界と精神世界がバランス良くなり、雨が降ることで和(日本)が「零」(ゼロ)になる時代、それが「令和」という元号の本当の意味であるということです。

参考コラム:「縮小する日本経済」 実は、英会話スクールに通っている場合ではない

「物価とインフレ」スーパーに並ぶ商品がどんどん小さくなっている

モノやサービスが売買されなくなる2019年、そして2020年

急激に「インフレ」が進行しており、中小企業が危なくなりつつある①

急激に「インフレ」が進行しており、中小企業が危なくなりつつある②

2020年以降の資本主義経済では、完全雇用はもはや不可能① 「英会話スクールの場合」

2020年以降の資本主義経済では、完全雇用はもはや不可能② 「法律事務所(弁護士)の場合」

2019年、日本は「デフレ」から「インフレ」に、そして2020年は「ハイパーインフレ」に

新紙幣の発表から推測できることは、「預金(引き出し)封鎖」と「資産課税」①

新紙幣の発表から推測できることは、「預金(引き出し)封鎖」と「資産課税」②

一時的に本州の教室を閉鎖することへの思い①

一時的に本州の教室を閉鎖することへの思い②

一時的に本州の教室を閉鎖することへの思い③

日本の非常事態宣言は金融危機時か、それとも311レベルの大地震発生時か

通貨(お金)や不動産、株式、債券などの日銀システムの外側に逃げる方法

ハイパーインフレ時に向けて、食料(米と缶詰)と安全な場所の確保をしておくこと

日本は「ハイパー・デフレ(物価安ではなく、需要低下)」に向かう可能性

「ハイパー・インフレ」の本当の定義

ロンドンでも「ええじゃないか!」。
イギリスのEU離脱に反対するプラカードが衝撃的


2018年10月28日のハフポストの「ロンドンでも「ええじゃないか」。EU離脱に反対するプラカードが衝撃的」の画像です

さて、Atlasマンツーマン英会話は、設立からちょうど20年が経ちました。ここまで来れたのも大勢の皆さまのおかげです。

 

お蔭様で会員の皆さまは、北は北海道から南は沖縄まで日本全国におられます。また、海外在住の多くの会員様もおり、さらに増え続けています。本当に有難いことです。

 

まさか19年も続けられるとは夢にも思いませんでした。多くの読者の皆さんに感謝の気持ちをお伝えしなければといけないと考え、ここに「ええじゃないか!キャンペーン」を実施することによって、2020年以降に起こりうることを皆さまお一人おひとりに考えていただこう、と思うに至りました。

 

さて、皆さまは、真実を知りたいですか?私たちも真実を知りたいです。しかし、真実というものは調べても調べてもなかなか出てくるものではありません。情報(infomation)はテレビや新聞、ネットなどのマスメディアが支配しています。

 

これに対して、私たちは情報の背後にある情報分析という特殊な調べ方をする必要があります。これは、私たちAtlasが長年に渡って10ヵ国語のスクール運営をしてきた成果、いわばそのためのコツが身に付いたということです。

 

昨今、私たちの間でも大変な世の中になったという実感があり、知らないでは済まされない時代にいるように思います。自分だけではなく、ご家族や同僚の方も存亡の危機に立たされているようにも感じています。

 

だからこそ、皆さまに多くの真実を知って欲しいと願っています。当然、私たちも真実を知りたいです。そのためにもAtlasでは「10ヵ国語のマンツーマンレッスン」と「リテラシー情報教育」の提供をこれからも続けていきたいと考えています。

 

そのためには2021年のブランド統合に伴い、本社がある札幌駅前LSを除く、札幌大通、横浜、名古屋、そして大阪梅田ランゲージスタジオを一時閉校させて頂く必要があるわけです。本件ならびに一連のブランド統合におきまして、皆さまにはご心配とご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。

 

札幌駅前LSにおきましても、これまで以上に皆さまの語学力向上のサポートと、より一層のサービスの向上に努めてまいります。今後とも変わらぬお引き立てを賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

 

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.